2017年10月10日

レギュレーションの更新(必読)

サバイバルトレーニングマッチ

ルール
サバトレマッチとは、ペーパーターゲットやポッパーターゲットを使って、3つのステージの合計タイムを競うシューティングマッチです。
ペーパーターゲットにはA・B・Cのゾーンが有り、中心から近い2発を採用し1発につきAは0秒、Bは0.5秒、Cは1秒、そのステージのタイムに加算します。
ポッパーターゲットは着弾すると倒れるターゲットです。

参加できるクラスはロングガン(LG)、ハンドガン(HG)、2ガン(2G)の3クラス。
2つのクラスがエントリー可能です。
レギュレーションは以下の通り。

ロングガンクラス(LG)
全長60cm以上でストック(肩付けができるもの)が付いていること。
サイトは自由。

ハンドガンクラス(HG)
カスタムは可(極端なものは不可)。
ホルスタが必要で、走ったり跳ねたりしてもガンが落ちないものを使用して下さい。
光学サイト及びレースホルスターの使用は不可。

2ガンクラス(2G)
ロングガンクラス(LG)とハンドガンクラス(HG)で使用できるガンが必要です。
ロングガンでスタートし、途中でハンドガンにトランジション(持ち替え)したうえで3枚以上のペーパーターゲット撃つ必要が有ります。

LGクラスとHGクラスは全ステージでリロード(マガジンチェンジ)が必須ですので、予備マガジンを用意して下さい(無い場合は救済措置有り)。

目を保護する為、シューティンググラス・ゴーグル・眼鏡等を必ず着用して下さい。
いかなる場合においても、銃口を人(自分自身も含め)に向けたら失格(DQ)となります。
入退場時は、ガンを手に持ってシューティングレンジに入場してはならない。
必ずホルスタに入れて、マガジンや弾を抜いた状態で入場する。
弾を抜くことができないガンに関しては、インストラクターへ事前に報告しておく。
銃口はレンジに入ったときから退場するまで、常に銃口はターゲットに対し上下90°左右180°の向きの範囲でコントロールしなくてはならない。(2Gのトランジション時のLGを除く)
作動不良が発生した場合は、銃口をダウンレンジの方向へ向けて処理をする。
どうしても回避できないと判った時は、銃口をダウンレンジへ向けたまま自由の利く手を上げて合図し、インストラクターはその状況を検査する。
又、故障等でフルオートになってしまった場合は、競技を中止し銃口をダウンレンジに向けたままインストラクターに合図し指示に従って下さい。
その時は、タイマーを止める。
シューティングレンジと認められたところ以外でガンを抜く、及びマガジンをロードしてはならない。
また、指示なしに勝手にガンを抜く、ロードしてもいけない。
トリガーガード内には、撃つ時以外は指を入れてはならない。
競技開始の前は、数秒間同じ姿勢を保たなくてはならない。
ガンのレディ状態は、
シングルアクションオート→コックアンドロック。
ダブルアクションオート→ハンマーダウン。
セレクティブオート→コックアンドロックもしくは、ハンマーダウン。
以下に示す行為それぞれに、対して3秒ずつのペナルティタイムが加算されます。
1.ミスヒット
各コースにおいて規定の弾数以上ヒットしていない時。
ポッパーを倒していない時。
2.ノーシュート
ノーシュートターゲットに弾痕が認められた場合。
3.行為エラー
各ステージの指示に従って撃てなかったときは、一つの指示に対し一つのエラー
として3秒ずつ加算される。
4.指示違反
インストラクターの指示に従わない時。
明らかに競技進行の妨げと認められる場合。
5.オーバーショット
弾数制限のあるステージで制限の数以上発射した場合、その弾数に応じて3秒
づつ加算される。
レンジでは、統一された用語で、号令が出されます。
競技者はその意味を予め理解し、その指示に従わなくてはなリません。
1.ロード アンド メイクレディ(Load and make ready)
競技者はダウンレンジに向かいガンにロードし、規定のレディポジションを取る。
ダウンレンジに向かないポジションの時は、まずダウンレンジに向かい、完全に
ロードし、ガンをホルスタに入れコースの指示に従う。
2.アーユーレディ(Are you ready?)
競技者が適正にレディポジションを取っていると確認されたら、競技者に尋ねる。
競技者は、問題がなければ軽くうなずくか、静止したままにしていると準備でき
たと判断する。
もし、準備できていなければノットレディ(Not ready)と言って止める。
3.スタンバイ(Standby)
この号令の数秒後に競技開始の合図がある。
ストッププレイトのヒットで競技の終了とする。
競技者が終了したことに気づかない場合はインストラクターが知らせる。
4.アンロード アンド ショウクリア(Unload and show clear)
競技者は終了したことが確認できれば、ガンをアンロードしインストラクター
に確認してもらう。
オートのガンは、マガジンを抜きスライドを引く。
固定式は、マガジンが入っていないことを銃口の向きに気をくばりながら
マガジン挿入部を見せる。
リボルバーは、スイングアウトし空にする。
5.ガンクリア(Gun clear!)
インストラクターが、ガンが撃てる状態にないことを確認したときに言う。
6.ハンマーダウン、ホルスタ(Hammer down, Holster)
オートはスライドをもどし、一度トリガーを引きハンマーを落とす。
リボルバはシリンダを戻し、一度トリガーを引きハンマーを落とす。
この時、撃てる状態に無いことの再確認の意味で、必ず空撃ちしなくてはならない。
7.レンジ イズ クリア(Range is clear!)
競技が、無事終了したことを告げる。
この号令において、競技者以外のものがレンジに入ることを許される。
以上となります。







Posted by arum  at 19:38 │Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。